C#を使用してPowerPointドキュメントに数式を追加する方法

今回の記事でC#を通してPowerPointのスライドにLatex数式を追加しようと思います。追加する前に、先ずはスライドの中でshape形状を挿入しなければならないなければいけません、図形の段落で、Paragraphs.AddParagraphFromLatexMathCode(stringlatexMathCode)というメソッドを使用して数式を記述し、最後に保存します。

 

Dll参照

 

今回は、PowerPointライブラリSpire.Presentation for.NETバージョン6.9.2を使用し、VSプログラムにSpire.Presentation.dllへの参照を追加します。参照方法は二つがあります。

1 Spire.Presentationのパッケージをローカルにダウンロードして解凍し、Binフォルダー内のdllをVSに参照します

f:id:uha_noki:20211126112521p:plain

f:id:uha_noki:20211126112534p:plain

f:id:uha_noki:20211126112548p:plain

2 NuGet検索しダウンロードしてVSプログラムへのインストールします

f:id:uha_noki:20211126112624p:plain

f:id:uha_noki:20211126112636p:plain

 

コード一覧

using Spire.Presentation;

using Spire.Presentation.Drawing;

using System.Drawing;

 

namespace AddFormula

{

    class Program

    {

        static void Main(string[] args)

        {

            //Presentation文書を作成し最初のスライドを取得する

            Presentation ppt = new Presentation();

            ISlide slide = ppt.Slides[0];

 

            //スライドに形状を追加する

            IAutoShape shape = slide.Shapes.AppendShape(ShapeType.Rectangle, new RectangleF(30, 100, 400, 30));

            shape.Fill.FillType = FillFormatType.None;

            shape.ShapeStyle.LineColor.Color = Color.White;

            shape.TextFrame.Paragraphs.Clear();

 

            //数式を追加する

            string latexMathCode = @"$ f(x,y)=\sqrt[n]{{x^2}{y^3}}$";

            shape.TextFrame.Paragraphs.AddParagraphFromLatexMathCode(latexMathCode);

 

            //文書を保存する

            ppt.SaveToFile("AddLatexMathCode.pptx", FileFormat.Pptx2013);

            System.Diagnostics.Process.Start("AddLatexMathCode.pptx");

        }

    }

}

数式を追加した効果は以下のとおりです:

f:id:uha_noki:20211126112706p:plain

 

API

コードに含まれるクラス(Presentationなど)とインターフェイス(ISlide、IAutoShapeなど)の関連する説明と使用方法については、Spire.Presentation Namespaceまで確認ことができます。

以上です、最後まで読んでいただきありがとうございます。